セミナー紹介

2016.10.25

平成29年4月23日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成29年4月23日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
 〒156-0043世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル7階
 京王線/東急世田谷線 下高井戸駅 下車徒歩3分
 詳しくはコチラをご覧ください。

【内容】
自律神経へのアプローチⅡ
    1.自律神経の解剖学
    2.自律神経疾患の病態の特徴
    3.CSR(クラニオセイクラルリズム)の確認
    4.内臓の調整(内臓マニュピレーション)
    5.自律神経疾患への物理療法
    6.質疑応答

前回の復習を兼ねて、まずは自律神経の解剖学と自律神経疾患の病態の特徴を復習させて頂きます。
また、自律神経への手技療法は脳脊髄液のリズム(CSR)が基本になりますので、CSRを復習させて頂きます。

自律神経疾患というと、鍼での経絡治療や漢方、あるいは安定剤等の薬物での治療のイメージが多いと思いますが、自律神経の解剖学的特徴と機能的特徴を理解し、内臓―体性反射、体性―内臓反射を効果的に利用することで、物理療法や手技でも自律神経にアプローチすることが出来ます。

今回は、内臓マニュピレーション(内臓の間膜の調整)の手技療法で、硬膜・脳脊髄液を調整し、自律神経を調整していく様なアプローチをご紹介いたします。

内臓に付着している間膜を緩める事で、骨格筋への反射を起こし、上肢、体幹の可動性を向上させることも出来ます。
肝臓・肺・大腸等の横隔膜に付着している臓器の間膜を緩めることで横隔膜の反射を起こし、呼吸を調整する事で自律神経を調整することが出来ます。

ベネクスというリカバリークロスを使用し呼吸や肋骨の動きを評価し、交感神経の緊張を確認し有効な患者にはベネクスを使用しながら手技や物理療法を行う様なアプローチをご紹介いたします。

物理療法では主にラジオ波等の温熱治療器を使用して腹腔神経叢に温熱刺激を入れ、自律神経を調整していく様なアプローチをご紹介致します。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介した画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成29年4月22日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.10.25

平成29年3月26日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成29年3月26日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
 〒156-0043世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル7階
 京王線/東急世田谷線 下高井戸駅 下車徒歩3分
 詳しくはコチラをご覧ください。

【内容】
自律神経へのアプローチⅠ
    1.自律神経の解剖学
    2.自律神経疾患の特徴
    3.CSR(クラニオセイクラルリズム)の確認
    4.自律神経への物理療法
    5.頭蓋の調整(クラニアル)
    6.質疑応答

自律神経障害は、不定愁訴の中でも特に多い症例です。

自律神経疾患は病態も様々で、筋・骨格系の症状と混在して診られることも多々あります。
特に、自律神経障害と頚部・上背部の筋・骨格系の障害がお互いに悪影響を及ぼし、症状をより悪化させているケースが多くあります。

また、自律神経疾患の患者さんは、殆どのケースで薬物療法を併用しており、患者さんが服用している自律神経治療薬から、自律神経疾患の病態の程度を推察することができます。

自律神経疾患の病態を理解すると共に、自律神経治療薬についてご紹介いたします。

自律神経疾患への手技療法は、1次呼吸システムと呼ばれる脳脊髄液のリズム(CSR)の調整が全ての手技の基本になりますので、CSRを確認することからご紹介いたします。

CSRを確認したうえでOCBR(上部頚椎調整)、クラニアル(頭蓋骨の縫合の調整)の手技療法で、硬膜・脳脊髄液を調整し、硬膜~脊髄神経を賦活させ自律神経を調整していく様なアプローチをご紹介いたします。

また、物理療法で呼吸を調整し交感神経の興奮を下げていったり、物理療法と手技療法とベネクスというリカバリーウエアを組み合わせて自律神経を調整していくようなアプローチをご紹介いたします。

当日は、ベネクス様もセミナーにお越しになりますので、リカバリーウエアについてお聞きになりなりたい方は直接お問い合わせ頂けたらと思います。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介した画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成29年3月25日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.10.25

平成29年2月19日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成29年2月19日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
 〒156-0043世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル7階
 京王線/東急世田谷線 下高井戸駅 下車徒歩3分
 詳しくはコチラをご覧ください。

【内容】
頭痛・顎関節症への物理療法・手技療法
    1.頭痛の分類と原因
    2.顎関節のバイオメカニクス
    3.顎口腔システム
    4.頚椎・上位交差性症候群と頭痛・顎関節症
    5.頭痛・顎関節症への物理療法
    6.頭痛・顎関節症への手技療法
    7.質疑応答

頭痛、顎関節に不調を訴える患者さんは非常に多く見られます。
カイロプラクティック、鍼灸、歯科での噛み合わせ矯正等、様々な治療をされている患者さんが多いと思います。

頭痛・顎関節症は疾患としては全く別の疾患ですが、体幹の機能低下と上位交差性症候群という共通した機能障害を持っている症例が非常に多く見られます。

体幹の機能低下(横隔膜の機能低下)、上位交差性症候群を改善していくことで両方の疾患にアプローチを行うことが出来ます。

顎関節症の患者様は歯科へ通院されていることが多く、歯科、鍼灸院、整骨院、カイロプラクティック等が共通の言語で情報を共有する必要があります。
今後、整骨院・鍼灸院は院内、訪問治療共に整形外科等の医科だけでなく、歯科との連携も必要になってくると思います。

頭痛・顎関節症は、顎関節のバイオメカニクスを理解するとともに、顎口腔システムを理解する必要があります。
顎口腔システムとは、顎関節、頚椎、肩甲骨を一つのユニットとしたシステムです。
これらはすべて関連しており、どこかだけを単独で治療しても治療効果が現れにくいです。

顎口腔システムを理解したうえで、物理療法、手技療法を使用し、顎関節、頚椎、上位交差性症候群に対してアプローチしていくような治療をご紹介いたします。
頚椎・顎関節へのアクチベーター、手技、頚椎・顎関節へのラジオ波、疼痛抑制、体幹へのEMSを中心に治療~自宅でのトレーニングをご紹介いたします。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介した画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成29年2月18日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.10.25

平成29年1月29日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成29年1月29日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
世田谷産業プラザ 3階 大会議室
 〒154-0004世田谷区太子堂2-16-7
 東急世田谷線/田園都市線「三軒茶屋駅」下車徒歩2分
 詳しくはコチラをご覧ください。

【内容】
 歩行・姿勢改善へのアプローチ
    1.姿勢の診方と考え方
     (上位交差性症候群・下位交差性症候群)
    2.歩行の診方と考え方
    3.サルコペニアとディナペニア評価
    4.アスリートのフィジカルチェック
    5.姿勢へのアプローチ(EMS)
    6.歩行へのアプローチ(EMS)
    7.質疑応答

姿勢と歩行の評価は、脊柱管狭窄症・変形性股関節症・変形性膝関節症等の退行性疾患のADLレベル・QOLレベルを向上させるために、また、上肢・下肢の機能障害の改善のために必ず行う必要があります。

姿勢と歩行の改善は、高齢者ほど必要になり、最近よく耳にするサルコペニア・ディナペニア(加齢性筋肉減少症)にも歩行の改善が欠かせません。

静的な姿勢と動的な歩行の評価は、静的な姿勢の評価の方が易しい為、まずは静的な姿勢の評価のキーになる上位交差性症候群・下位交差性症候群と姿勢の関係についてご紹介致します。

また、歩行の評価は、チェックしなければいけないポイントが多く、スペースも必要なため、ベッドサイドでイニシャルコンタクト(IC)~ミッドスタンス(MSt)までを評価し足部の3つのロッカーファンクションを改善するようなアプローチをご紹介致します。

高齢者の機能障害としてサルコペニアの評価をご紹介させて頂きたいと思います。
サルコペニアは評価の項目が決まっており、点数化も出来る為、患者さん自身治療での機能改善を感じて頂くことが出来ます。

同じように、アスリートの身体の機能を可動性・安定性・連動性別に評価し点数化してチェックしていくような評価方法をご紹介いたします。

今回、姿勢や歩行の改善には、上位交差性症候群・下位交差性症候群の評価を行い、EMSを使用し施術前後で姿勢の変化や歩行の変化を確認しながら改善していく様なアプローチをご紹介致します。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介した画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成29年1月28日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.10.25

平成29年メディカルアートセミナー日程

今年も残すところ2か月余りとなりました!

早いですね~maple

ということで、平成29年のメディカルアートセミナーの日程です。

まずは6月までの日程をご案内致します。

———-
平成29年1月29日(日)10:00~17:00
会場 : 世田谷産業プラザ 3階 大会議室
内容 : 歩行・姿勢改善へのアプローチ
    1.姿勢の診方と考え方
     (上位交差性症候群・下位交差性症候群)
    2.歩行の診方と考え方
    3.サルコペニアとディナペニア評価
    4.アスリートのフィジカルチェック
    5.姿勢へのアプローチ(EMS)
    6.歩行へのアプローチ(EMS)
    7.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-
平成29年2月19日(日)10:00~17:00
会場 : 下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
内容 : 頭痛・顎関節症への物理療法・手技療法
    1.頭痛の分類と原因
    2.顎関節のバイオメカニクス
    3.顎口腔システム
    4.頚椎・上位交差性症候群と頭痛・顎関節症
    5.頭痛・顎関節症への物理療法
    6.頭痛・顎関節症への手技療法
    7.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-
平成29年3月26日(日)10:00~17:00
会場 : 下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
内容 : 自律神経へのアプローチⅠ
    1.自律神経の解剖学
    2.自律神経疾患の特徴
    3.CSR(クラニオセイクラルリズム)の確認
    4.自律神経への物理療法
    5.頭蓋の調整(クラニアル)
    6.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-
平成29年4月23日(日)10:00~17:00
会場 : 下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
内容 : 自律神経へのアプローチⅡ
    1.自律神経の解剖学
    2.自律神経疾患の病態の特徴
    3.CSR(クラニオセイクラルリズム)の確認
    4.内臓の調整(内臓マニュピレーション)
    5.自律神経疾患への物理療法
    6.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-
平成29年5月7日(日)10:00~17:00
会場 : 下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
内容 : アクチベーターを使用した機能改善1/4
    1.アクチベーターの目的と効果
    2.頚椎のパルペーション(触診)
    3.頚椎のアクチベーターアジャスト
    4.アクチベーターメソッドの基本
    5.アクチベーターアジャスト
    6.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-
平成29年6月4日(日)10:00~17:00
会場 : 下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸整骨院
内容 : 頚椎~上肢の癒着・瘢痕に対するリリースアプローチ
    1.瘢痕・癒着の組織学的特徴
    2.頚椎~上肢の癒着・瘢痕のポイント
    3.瘢痕・癒着への温熱アプローチ
    4.パッシブ(受動的)なリリースアプローチ
    5.ポジティブ(能動的)なリリースアプローチ
    6.質疑応答

詳しい内容はコチラをご覧ください!

———-

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.10.14

※会場変更※平成28年12月4日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

会場が三軒茶屋の世田谷産業プラザから
用賀の大東京ビルに変更になりました。
お間違えの無いようにお願い致します。

【日時】
平成28年12月4日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
用賀大東京ビル
 〒158-0097
 東京都世田谷区用賀2-27-1 2階
 田園都市線「用賀」6分
 電話:03-5227-8822
    http://relo-kaigi.jp/conference/other/setagaya-yoga.html

【内容】
物理療法を使用した機能改善

1、 上位交差性症候群の可動性改善
2、 上位交差性症候群の安定性改善
3、 下位交差性症候群の可動性改善
4、 下位交差性症候群の安定性改善
5、 自律神経障害への物理療法
6、 質疑応答

アスリートを対象に治療を行う場合でも、一般の方を対象に行う治療でも、高齢者を対象に行う治療でも機能改善は絶対に必要です。

何をどう機能改善していくかは、それぞれの疾患で様々だと思いますが、「上位交差性症候群」「下位交差性症候群」の改善を行う事が機能改善の大前提です。

上位交差性症候群、下位交差性症候群の可動性の評価、安定性の評価を行うとともに、可動性、安定性の改善に対して効果的な物理療法をご紹介いたします。

上位交差性症候群、下位交差性症候群の可動性の改善に関しては、ラジオ波の温熱を使用して可動性改善を行います。
上位交差性症候群、下位交差性症候群の安定性の改善に関しては、Hi-voltage、立体動態波のEMSを使用して安定性改善を行います。

姿勢の改善やADL動作の改善を行うには、関節の深部感覚受容器にはドロップベッドやアクチベーターを使用し関節反射を起こし、筋肉の深部感覚受容器には物理療法での温熱やEMSを使用し反射を起こすのが効果的です。

関節への刺激と筋肉への刺激を両方効果的に使用する事が姿勢の改善やADL動作の改善への近道です。

また、自律神経障害には、ラジオ波の温熱を使用したり、Hi-voltageや立体動態波を使用したりして交感神経の興奮を抑えると効果的ですので、自律神経障害に対する物理療法もご紹介させて頂きたいと思います。

ラジオ波温熱治療器、Hi-voltage、立体動態波とも複数台ご用意させて頂き、先生方ご自身にも物理療法を使用して頂きながら進めさせて頂きたいと思います。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介して画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成28年12月3日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.09.05

平成28年10月30日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成28年10月30日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
 〒156-0043
 世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702

【内容】
アクティベーターを使用した機能改善 Part4

   1、 頚椎のパルペーション(触診)
   2、 頚椎のアクティベーターアジャスト
   3、 姿勢改善とアクティベーターアジャスト
   4、 重心改善とアクティベーターアジャスト
   5、 歩行の改善とアクティベーターアジャスト
   6、 質疑応答

アクティベーターは、関節の振動受容器を刺激し、関節包内運動を改善することで、安全に関節可動性の改善と関節安定性の改善を行う事が出来る治療器です。
ドロップベッドと違い、新たに場所を必要とせず「矯正」といわれる治療を比較的低コストで導入する事が出来ます。

アクチベーターで関節包内運動を改善すると関節可動性の改善と関節安定性の改善を行う事が出来ます。

昨年、アクチベーターセミナーへのご参加希望が多かったため、本年は全4回に分けて、アクチベーターの基本使用から応用使用までを詳しくご紹介させて頂きます。

第4回目は、前回同様、頚椎のパルペーション(触診)と頚椎へのアクチベーターアジャストを復習します。
頚椎のアクチベーターアジャストは最も基本的かつ効果的なアクチベーターアジャストですので、毎回ご紹介させて頂いてます。

次にアクチベーターアジャストを使用した重心の改善や、姿勢の改善、歩行の改善方法をご紹介致します。

クローズドキネティックの状態でアクチベーターを使用すると、より固有感覚受容器に刺激が出来、その固有感覚受容器の反射を利用し姿勢や重心位置を変えていきます。

特に、スポーツによっては多少重心を後方にした方がよいもの、重心を前方にした方がよいもの、左右どちらかに傾けた方がよいものがあります。
それぞれ姿勢や重心を変えていくにあたり、アクチベーターアジャストのポイントがありますのでご紹介させて頂きたいと思います。

アクチベーターを使われた事がない方でも、一つ一つ説明しながら参加者の方同士で使用して頂きますので安心してご参加下さい。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介して画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】 
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成28年10月29日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.09.05

平成28年11月6日(日)メディカルアートセミナーのご案内

メディカルアートセミナーのお知らせです。

【日時】
平成28年11月6日(日)
10時~17時(開場9時半)

【場所】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
 〒156-0043
 世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702

【内容】
下腿・足部障害の鑑別と機能改善とインソール

   1、 下腿・足部の構造的特徴と機能的特徴
   2、 下腿・足部の理学検査
   3、 下腿・足部への物理療法
   4、 足部障害へのインソール
   5、 下腿・足部へのコンプレッションストレッチ
   6、 質疑応答

シンスプリント・アキレス腱炎・コンパートメント症候群・足底筋膜炎・有痛性外脛骨・疲労骨折などの下腿・足部の障害は一般の診療でもスポーツ障害でも多くみられる疾患です。
特にランニング等で起こる下腿・足部の障害は、足部に偏平足やハイアーチなどの構造的な問題を抱えているケースが多く見られます。

これらの足部の構造的な問題は、疼痛抑制やテーピングは一時的な効果しかなく、長期的にはインソール構造的な問題を補助する事が下腿・足部の障害の改善に大きな効果を出します。

下腿の障害の評価には、足部の構造(MP関節、リスフラン関節、ショパール関節、距腿関節、距骨下関節、縦アーチ、横アーチ)とそれぞれの機能の理解が欠かせません。
足部のバイオメカニクスを理解することで、構造的な問題に対してインソールを作成することが出来るようになります。

下腿・足部の痛みやしびれなどは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症等の上位レベルでの問題も多いため、神経学的検査・理学検査を使用し腰椎からの関連症状との的確な鑑別疾患が求められます。

また、下腿・足部の障害は、筋膜性の症状から病態が進み骨膜炎や疲労骨折を起こすこともあるため、下腿の鑑別疾患として筋膜性か骨性かの鑑別の方法をご紹介致します。

下腿のそれぞれの疾患の構造的特徴を理解した上で、手技・物理療法で可動性・安定性の機能改善を行い、インソールで補助していく様なアプローチをご紹介致します。

インソールはソルボのインソールを使用し、上肢のMMTを確認しながら作成していきます。
ご希望の方には、ご自身で自分用のインソールをお作り頂こうと思いますので、ご希望の方はお申込の際にお知らせ下さい。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。
当日のセミナーの際にご紹介して画像データはお渡し可能ですので、ご希望の方はUSBメモリー等をご持参下さい。

【セミナー料金】
日本メディカルアート協会会員の方 15,000円
一般の方 20,000円 / 学生の方 10,000円
※インソール作成材料費として+2,500円頂きます。ご了承下さい。

【お問い合わせ・お申し込み】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話   03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp

お申込みは平成28年10月30日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日本メディカルアート協会会員募集中!
会員特典多数!
詳しくは日本メディカルアート協会HPをご覧下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016.06.27

セミナー会場変更

平成28年7月3日(日)トムソンベッドのセミナー会場に誤りがありました。

会場は世田谷産業プラザではなく、下高井戸ヒーリングプラザにて行います。

お詫びして訂正いたします。

【場所】
✖世田谷産業プラザ3階大会議室
〇下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702

時間・内容に変更はございません。

お申し込み頂いた先生方、これから参加をご希望の先生方には大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

当日間違えのないようお越しください。

ご不明な点があれば、お手数ですが、下記問い合わせ先までご連絡下さい。

【お問い合わせ】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
〒156-0043
世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル702
電話  03-6379-2069
メール t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp
※日曜は休診のため、電話は繋がりません。

2016.06.14

メディカルアートセミナー 日程一覧

お世話になっております。

メディカルアートセミナーの日程を一覧で再度掲載させて頂きたいと思います。
年内までの決定している日程や、新しく追加された内容の日程も一緒に掲載させて頂きます。

メディカルアートセミナーⅠ
骨盤・股関節の鑑別疾患と機能改善

日時  平成 28年6月26日(日)
    10時~17時(9時半受け付け開始)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅡ  
~ドロップベッド(トムソンベッド)を使用した機能改善~

日時  平成 28年07月03日(日)
    10時~17時(開場9時半)

※場所  世田谷産業プラザ  3F  大会議室

メディカルアートセミナーⅡ
アクチベーターを使用した機能改善  3/4

日時   平成28年 07月 10日(日)
     10時~17時(開場9時半)

場所:  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅡ
スローイング障害と機能改善

日時  平成28年7月31日(日)
    10時~17時(9時半受け付け開始)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅡ
グローインペインと機能改善

日時  平成28年8月07日(日)
    10時~17時(開場9時半)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

※NEW!!
メディカルアートセミナーⅡ
物理療法による自律神経疾患へのアプローチ

日時  平成 28年  8月  21日(日)
    10時~17時(開場9時半)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅠ
膝関節障害の鑑別と機能改善

日時  平成 28年9月04日(日)
    10時~17時(開場9時半)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅡ
アクチベーターを使用した機能改善  4/4

日時   平成28年 10月 30日(日)
     10時~17時(開場9時半)

場所:  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

メディカルアートセミナーⅡ
下腿・足部障害の機能改善とインソール

日時  平成28年11月06日(日)
    10時~17時(9時半受け付け開始)

場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院

※インソール材料代として別途材料費が必要になります。

※NEW!!
メディカルアートセミナーⅡ
物理療法を使用した機能改善

日時  平成28年12月04日(日)
    10時~17時(開場9時半)

※場所  世田谷産業プラザ  3F  大会議室

以上の日程が現在決定している内容となります。

各セミナーの内容の詳細は随時更新していきますので、宜しくお願い致します。

料金
協会会員15,000円 ビジター20,000円 学生10,000円

お申込み・お問い合わせ
下高井戸ヒーリングプラザ鍼灸院・整骨院
日本メディカルアート協会 事務局
03-6379-2069
t.s.shimotakaido.ocn.ne.jp

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13
ダミー ダミー ダミー ダミー ダミー ダミー