セミナー紹介

2015年2月 7日 土曜日

平成27年7月5日(日)メディカルアートセミナーⅠのご案内

メディカルアートセミナーⅠのご案内です。


【日時】
平成27年7月5日(日)
10時~17時(9時30分開場・受付開始)



【会場】
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
  〒156-0043
  世田谷区松原3-40-7  パインフィールドビル702   
  TEL03-6379-2069
   京王線・世田谷線 下高井戸駅北口下車 徒歩3分


内容  頚椎と上肢の機能障害とリハビリテーション

1、  頚椎の構造的特徴と機能的特徴
2、  上位交差性症候群と頚椎の評価
3、  姿勢改善(猫背)と前方頭位の改善
4、  胸郭・インナーユニットと頚椎の評価
5、  頚椎と上肢の機能障害
6、  質疑応答


まずは、頚椎のバイオメカニクスも復習をさせて頂き、上位交差性症候群といわれる頚椎の機能障害について詳しくご説明致します。
上位交差性症候群の評価方法、リハビリテーションをご紹介致します。


上位交差性症候群は、通称「猫背」と呼ばれ、前方頭位、肩甲骨前傾、胸椎後弯が特徴です。
上位交差性症候群が、頚性頭痛、頚椎椎間板障害、胸郭出口症候群、肩関節障害など様々な頚椎~上肢の障害を引き起こします。


上位交差性症候群は、頚椎のみならず体幹(胸郭・横隔膜・インナーユニット)の影響を大きく受けるため、体幹の評価方法、リハビリテーションをご紹介致します。


上位交差性症候群を改善することが、猫背等の姿勢を改善し、機能障害としての頚椎疾患を改善することにつながるので、体幹・胸郭・上肢の機能障害と上位交差性症候群と頚椎疾患の関係を座学を中心にご紹介致します。


多くの先生方のご参加をお待ち致しております。


当日使用した画像は全て先生方にお渡し致しますので、USBメモリーをご持参下さい。


【料金】
一般の方15,000円/学生の方10,000円
(当日会場にてお支払をお願い致します。)



【お問い合わせ・お申し込み先】
 下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
    電話:03-6379-2069
    メール:t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp



お申込みは平成27年7月4日(土)20時までに電話またはメールにてお願い致します。

※日曜は休診のため、電話は繋がりません。



野田  重信

投稿者 株式会社チームエス

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31