セミナー紹介

2015年3月30日 月曜日

平成27年8月2日(日)メディカルアートセミナーⅠのご案内

メディカルアートセミナーⅠのお知らせです。


日時  平成27年 8月 02日(日)
    10時~17時(9時半受け付け開始)


場所  下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
    〒156-0043
     世田谷区松原3-40-7  パインフィールドビル702      TEL03-6379-2069
     京王線・世田谷線 下高井戸駅北口下車徒歩3分
     詳しくはホームページをご覧下さい。http://www.team-s-hp.com


内容  肩関節の鑑別疾患とリハビリテーション


1、 肩甲帯のバイオメカニクス
2、 肩甲帯と上位交差性症候群の評価
3、 肩甲上腕リズムの確認
4、 肩関節の理学検査
5、 肩関節の肩関節の各種疾患
6、 肩甲帯のリハビリテーション
7、 質疑応答


肩関節は、人体の関節の中でも最も大きな可動性を持った関節であるが故、非常に複雑な動きを行います。肩甲胸郭関節と肩甲上腕関節との間で起こる肩甲上腕リズムの乱れが、肩関節の機能障害となり、インピンジメントや腱板炎、しいては肩関節周囲炎を引き起こします。


狭義の肩甲上腕関節だけでなく、肩甲帯としてインナーユニット、胸椎まで評価を行い、上位交差性症候群の改善を同時に行っていかないと広義の肩甲帯の機能障害は改善していきません。


病態の把握と鑑別疾患として、インピンジメント、腱板炎、腱板部分断裂、肩関節周囲炎を詳しくご説明させて頂きたいと思います。インピンジメント、腱板炎、腱板部分断裂、肩関節周囲炎の治療は、疼痛抑制自体は大差がないものの、可動性の改善や安定性の改善等、その後のリハビリテーションは大きく異なりますので、正確に病態を把握する必要があります。


問診、ROM、理学検査で適切に肩甲上腕関節の病態把握を行い、肩甲帯の機能障害の評価と併せて肩甲帯の治療と機能改善のために必要なトレーニングとリハビリテーションをご紹介させて頂きたいと思います。


ご興味のある先生方のご参加お待ちしております。尚、当日使用した画像は全て先生方にお渡し致しますので、USBメモリーをご持参下さい。


お申込みは平成27年8月1日20時までに、メールまたはお電話にてお申込みください。
※日曜日は休診の為繋がりません。


セミナー料金   一般の方15000円   学生の方10000円


お問い合わせ・お申し込み
下高井戸ヒーリングプラザ整骨院・鍼灸院
〒156-0043
世田谷区松原3-40-7   パインフィールドビル702
03-6379-2069   t.s.shimotakaido@vivid.ocn.ne.jp
       野田  重信


投稿者 株式会社チームエス

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31